北海道味めぐりフェアの『十勝産小豆のつぶあんホイップのメロンパン』【ヤマザキ】

北海道味めぐり(6月の商品)としてヤマザキより発売された『十勝産小豆のつぶあんホイップのメロンパン』!!

 

なんとこのメロンパンは、北海道味めぐりフェアということで、北海道産のつぶあんを楽しむことが出来るのだ。

十勝産小豆のつぶあんホイップのメロンパン1
ボリューム: しっとり: パサパサ: パリッと: モチっと: メロンの素材感: クリームの有無:有
クリーム:

 

北海道産の小麦とつぶあんを使用した『十勝産小豆のつぶあんホイップのメロンパン』

十勝産小豆のつぶあんホイップのメロンパン4

北海道産の小麦といえば、そこそこ有名な名産物だ。

そんな小麦とつぶあんをあしらったメロンパンがこの『十勝産小豆のつぶあんホイップのメロンパン』。

 

このメロンパンはヤマザキが開催している北海道味めぐり(6月の商品)というフェアの一環で商品化されたものだ。

価格は100円(税抜き)【100円ローソンでの価格】となっており、典型的なコンビニメロンパンとなっている。

 

さっそく開封

十勝産小豆のつぶあんホイップのメロンパン3

 

開封するとメロンというより、”これぞ、コンビニメロン!!”というような香りが!!

 

そしてメロンパンの表面にはシュガーがあしらわれているが、持ってみた感じ、あまり手には付かない(汚れない)という印象。

いざ、実食!!

まず、この『十勝産小豆のつぶあんホイップのメロンパン』の看板となる要素”つぶあん”を確認するべく、メロンパンを二等分してみた。

 

その中身は・・・

十勝産小豆のつぶあんホイップのメロンパン5

 

ホイップクリームとつぶあんが凡そ3:5の分量で詰め込まれていた(目視による考察)

 

 

気になる味は・・・

 

 

(´-`).。oO(甘い

 

 

 

直感でひとこと挙げるとすると”甘い”というワードに尽きた。

というのも、表面のシュガーコーティングに加え、内部のホイップクリーム、つぶあんにより

 

甘い×甘い×甘い

 

のハーモニーが繰り広げられているからだ。

 

 

ということもあり、甘党にはたまらないメロンパンとなりそうだが、内部のクリームとつぶあんによってメロンパンの味がかき消されてしまっている。

 

 

(´-`).。oO(ホイップつぶあんパンじゃん(笑)

 

そのボリューム(大きさ)は?

iPhone6と比較すると下の画像のようになった。

十勝産小豆のつぶあんホイップのメロンパン2

 

iPhone6より直径が少し小さい。

これもまた典型的なコンビニメロンパンのようにイメージすると実感が湧きやすい。

 

まとめ

メロンパンとして食べるというより、ホイップとつぶあんの甘さを楽しんで食べてもらいたい一品(笑)

とはいえ、そこまでサイズは大きくないので、ペロッと食べることが可能!

甘党には是非!

関連記事

メロンパンMiSTERより

メロンパンが好きなMiSTERの独断的な評価です。 当サイトの評価は決して優劣をつけるものではありません。 あくまで参考までに、それぞれのメロンパンライフをお過ごしください。
ページ上部へ戻る